木造マンションやアパートの防音対策って鉄筋と比べてどーなの?

木造マンションやアパートの防音対策って鉄筋と比べてどーなの?
防音について

自然の優しさや温もりを感じられる木造マンションやアパート。

鉄筋コンクリートのマンションなどに比べると比較的値段の安いところもありますので、「駅から近いかどうか」「築年数はどれくらいか」など、様々な条件に特に不都合なところがなければ住んでみてもいいと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

確かに木造マンションやアパートには様々な魅力がありますが、「防音性能」を重視するのであれば、木造は少し難しいかもしれません。その理由をご説明するために、今回は木造マンションやアパートの防音対策についてご紹介いたします。

木材は音を通しやすい物質です

防音賃貸マンション ラシクラス:木造アパート 防音

物をすり抜けて聞こえる音を透過音といいます。マンションやアパートなどの建築物で騒音の原因となっているものの1つは、この透過音です。 室内で発生した音のうち、反射も吸収もされずに壁や天井・床などをすり抜けて聞こえてしまった音が騒音となっているのです。 「でも木材は音を吸収してくれるから、音漏れがしにくいのでは?」と疑問をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

確かに木材はコンクリートに比べ音を吸収しやすい材質です。大きな音楽ホールなどは木材で作られていることが多いでしょう。 これは木材の音を吸収する性質を利用して、響きすぎない心地よい演奏や歌声が聴こえるように工夫しているのです。 しかし吸収するだけでは音の透過はそれほど防げません。特に重要となるのは反射率なのです。

ではどちらが音をよく反射するかといえば鉄筋コンクリートが勝ります。 木材も反射しますが、鉄筋コンクリートに比べるとほとんど反射させることはできません。 その分透過音も多くなってしまうため、木造マンションやアパートは防音が難しいのです。

木造マンションやアパートで建築時に施される防音対策

音がどれだけその物質を透過して届くかは、「物質の密度と質量」で決まります。 物質の密度が濃く質量が大きいとそれだけ透過音が発生しにくくなります。

木造アパートが鉄筋コンクリートより音を透過しやすい原因は、木材の密度は鉄筋コンクリートよりも小さく、 同じ体積で比べた場合の質量が小さいためです。

それでも最近は一昔前に比べれば、騒音問題を考慮して建築される木造アパートやマンションも増えてきたため住みやすくはなりました。 例えば床や壁に使用する、プラスターボード(石膏ボード)という耐火・防音に優れたボードを2重にして厚みを持たせている物件もあるでしょう。 また、隣の家の音が部屋に響きにくいように、隣接する側の壁にトイレを配置するなどして音漏れに配慮した間取りにしているところもあります。 しかしそれでも、鉄筋コンクリートに比べれば騒音問題が発生しやすい環境のところが多いのが現状です。

自分でできる木造マンションやアパートでの防音対策

少しでも木造マンションやアパートでの暮らしをよくするために、自分でとれる対策もあります。

  • 壁際や音漏れが気になる方向に本棚を置く
  • 厚手のカーテンをひく
  • 防音性能の高い絨毯やマットを敷く
  • スピーカーやテレビ、洗濯機など音が出るものの下に布を敷く
  • サッシの隙間など、音漏れしそうな場所をテープで防ぐ

これらをするだけでもかなり防音につながります。

防音対策ならやっぱり防音マンションがおすすめです

木造アパートの防音についてご紹介してきましたがいかがでしたか?

「もっとしっかり防音したい」「音漏れを気にせず生活したい」ということでしたら、鉄筋コンクリートの防音マンションがおすすめです。 例えばラシクラスなら、コンクリートの厚みは180mmに加え、防音工事部分の厚みは「床180mm」「壁140mm」「天井200mm」。 音漏れしにくい3重サッシや2重防音扉仕様なので、木造マンションやアパートでは難しい防音対策を行うことができます。

モデルルームにお越しいただくと実際に防音性能を実感していただくことも可能ですので、ご興味がある方はぜひ一度ご連絡ください。

お気軽にお問い合わせください。
TEL:03-5922-5733