東京で不動産投資をお考えの方、東京オリンピックを見据えた物件探しをしてみませんか?

東京オリンピックを見据えた、東京での物件探しに役立つ情報をお届けいたします
投資について

不動産投資を行っている方、またはこれから行おうとお考えの方の中には、「東京で不動産投資を」という方も多いことと思います。 日本の都心で人が多く利便も良い東京は、うまくいけば最も利益を上げられる場所として、大きな可能性を持っているためです。

しかし何も考えずに購入すると後悔することになりかねません。
2020年には東京オリンピックもありますし、買い時をしっかりと考える必要がありそうです。

そこで今回は、東京オリンピックを見据えた、東京での物件探しに役立つ情報をお届けいたします。

人が殺到する東京オリンピック。不動産物件を手に入れるならオリンピック前?それとも・・・

防音賃貸マンション ラシクラス:不動産投資 東京

世界中から東京へと人が押し寄せることが予想できる東京オリンピック。
不動産業界に詳しくない方でも、東京オリンピックに向けて地価が上昇し、東京オリンピック後には下落する・・・と考えるでしょう。通常、不動産物件を購入するなら安い時が狙い目です。

では、東京オリンピック後まで待ったほうがいいのかというとそういうわけではありません。「安いときに購入して高い時に売る」という点だけでみれば、オリンピック後に購入したほうが差額で得をできそうですが、不動産投資を行う方のほとんどは、「賃貸経営」も目的のはず。

賃貸経営をしやすい開催前か、値下がりが予想される開催後か、考え方はそれぞれだと思います。ただ、今後も2020年まで地価の上昇が予想されますので、開催前に購入するなら価値がまだ上がりきっていないうちに手に入れられる今がチャンスということになります。

注目すべきエリアは湾岸エリア。ただし課題も

オリンピック開催前に購入するなら、注目すべき箇所は湾岸エリアです。
特に晴海や豊洲、有明辺りは、選手村の他、競技施設の建設が予定されていて、超高層マンションの建設も始まっています。オリンピック開催が決定する前に比べて大幅に都市化が進み、居住希望者の増加が予想されます。

しかし、交通面での利便性を考えると、まだまだ整備不足のため長期間住み続けえもらえるかという点で考えると課題が見られます。
東京オリンピック後に、引越しを考える方も出てくるかもしれません。不動産経営がうまくいかなくなれば、1つには手放すという手もあります。
オリンピック終了後には土地の価値が下がると予想されますが、それでもオリンピック時期までに儲けた賃貸料が「購入時の金額-売却時の金額」を上回っていれば損にはならないことになりますので、きちんと見越しておけば大丈夫でしょう。しかし一番いいのは、オリンピック終了後も長期に渡り居住し続けてもらうことでしょう。そのためには東京オリンピックの影響を間近で受ける湾岸エリアをあえて外して、別のエリアの不動産物件を手に入れるというのも1つの方法です。

多少開催場所から離れていても、住みたいと希望する方は多いと思います。

長期間居住し続けてもらうためにすべき工夫

湾岸エリアでもそうでない場合でも、長期間居住し続けてもらうためには「住み続けたい」と思ってもらえる何かがあることが大切です。 その何かがあれば、「交通の利便性」が悪いなどのマイナスポイントがあったとしても、居住し続けてもらえる可能性が高くなります。 住み続けたいと思える何か・・・とは、例えば「防音」です。

東京のように、オフィスや住居、様々な施設が密集する地域での居住は特に、周りの雑音が気になったり周りへ迷惑をかけないようにしたりしてストレスを感じることも多いですが、防音マンションなら快適です。駅が近くにある、夜遅くまで経営している店が多いなど、周りが落ち着けない環境だったとしても、音に悩まされずに暮らすことができるでしょう。

東京で防音マンションをお探しなら、ラシクラスはいかがでしょうか

東京オリンピックの影響で注目を集める東京の不動産経営。
始めるなら早いほうが良いけれど、長期的に利益を得るためには工夫も必要であるということがお分かりいただけたのではないでしょうか。

そのための対策として東京で防音マンションを探したいということでしたら防音マンション・ラシクラスを検討してみてはいかがでしょう。天井や壁・床への防音対策はもちろんのこと、二重扉や防音サッシなど、細かいところまで音漏れ対策を施してありますので、快適にお過ごし頂けることと思います。

現在東京のラシクラスは、豊島区上池袋をはじめ各所で販売中です。ご興味のある方はぜひご連絡ください。

お気軽にお問い合わせください。
TEL:03-5922-5733