話し声でも十分うるさい?こんなライフスタイルや趣味の方は絶対防音すべきまとめ

絶対に防音したほうがいいと考えられるライフスタイルや趣味の方をまとめました
防音について

「マンションの隣の部屋から話し声が聞こえてきた」「テレビの音が壁越しに聞こえてきた」ということはありませんか? 実はマンションによっては、人の声は隣室や上下階にけっこう響いてしまいます。

怒鳴り声はもちろん、笑い声も響きますし通常の話し声でさえも、近隣にうるさいと感じられている可能性があるのです。 それより大きな音になれば、なおさら不快に思われてしまっていることでしょう。

そこで今回は近隣に迷惑をかけないために、絶対に防音したほうがいいと考えられるライフスタイルや趣味の方をまとめました。

どうしても大きな声がでてしまう・・・という環境にある方は要注意

防音賃貸マンション ラシクラス:マンション 話し声 防音

たとえば、小さなお子様や赤ちゃんがいる家庭では、どうしても大きな声が出てしまいます。 いやな事があれば大声で泣くこともしばしばあるでしょう。

特に小さなお子様は、期限を損ねて突然大声で怒り出したり、ドタバタと走ったりすることもあり何かと大変です。 兄弟がいればケンカもあるでしょう。そしてそんなお子さまを叱る声も、ご近所迷惑になる可能性が高いです。 また、家族でする通常の話し声も、お子様の場合は大きくなりがちです。 周りは迷惑に思いながらも「まだ小さいから仕方ないか」と寛大な気持ちでいてくれるかもしれませんが、 やはり防音対策はしっかりとすべきでしょう。

また、友人を家へ招待することが多い学生さんも気を付けたほうが良いでしょう。 友人との時間は楽しく話し声がいつのまにか大きくなりがちです。話もつきませんので、 長時間大声で続くおしゃべりを、隣や上下階の方にずっと聞かせ続けてしまうことになるかもしれません。

早朝や深夜に音を出す生活をしているご家庭も防音対策を

夜間や早朝は、周りが就寝していて静かな時間帯です。 夜間警備や深夜帯のコンビニアルバイト、シフト制の看護師など、早朝や夜間に出勤・帰宅をする家族がいる家庭では、 防音が必須と言えそうです。

家に帰って来た解放感で、少しのんびりしたいとテレビをつける方も多いと思いますし、 食事をして後片付けをする方もいるでしょう。

家族で「おかえり」などの会話をすることもあるでしょう。 そのような生活音や話し声が周りの方の睡眠を妨げてしまわないように注意しましょう。

楽器が趣味の方や習い事をしている方は要注意です!

ピアノやギターを趣味で演奏している方は多いでしょう。 また、お子様がピアノを習っていて、家でも練習をさせているご家庭や、学校でリコーダーやピアニカが旨く吹けず、 家でも練習が必要なお子様もいらっしゃるかと思います。

演奏している本人は分かりにくいものですが、楽器の音というのは意外と大きいものです。 窓をしっかりと締めてカーテンも閉め、時間帯にも気を配るなど、最新の注意を払い楽器を演奏する必要があるでしょう。

生活に音はつきもの。それでも周りに迷惑をかけたくない場合には

徹底的に防音対策をしようと思うと、かなり大変です。 特に楽器を演奏する環境にある方は、壁に吸音材や遮音材を取り付けたり、 遮音マットを敷いたり二重床にしたりで費用面でもかなりかかります。 それでもお隣や上下階から迷惑に思われないという保証はありません。そのような費用を室内の防音にかけるのは少しもったいない気もします。 それであれば始めから防音対策が施されている防音マンションへお引越しされるのも1つの手です。

ご家族が多いご家庭に向いている防音マンションもあれば、一人暮らし向けの防音マンションもありますのでいろいろ調べてみるといいでしょう。 たとえば防音マンション・ラシクラスは一人暮らし用なので、楽器を演奏したい学生さんや、 アルバイトなどの関係で深夜帯に出入りが多い方、友人を何度も呼んで楽しくおしゃべりしたいという方におすすめです。

様々な楽器が24時間いつでも演奏可能なので、いつでもどれだけでも、思うように演奏していただけます。 どの楽器が演奏できるのかなど詳細を知りたい場合にはぜひご連絡ください。モデルルームの見学もしていただけます。

お気軽にお問い合わせください。
TEL:03-5922-5733