ホームセンターで見かける「防音シート」や「遮音シート」ってどうなの?

手軽に防音対策をしたい場合に思い浮かぶのが「防音シート」や「遮音シート」など、壁や天井に自分で取り付けることができる商品ではないでしょうか。素材や厚みなど様々な種類がある防音シートの選び方や手間などをまとめました。
防音について

騒音による苦情はマンション住まいでは悩みの種ですね。音を出す側の責任として、騒音には出来る限りの対策をする必要があります。そんな時に気になるのがホームセンターなどにある「防音シート」や「遮音シート」などの防音対策グッズ。どれほどの効果があるのでしょうか?

そもそも「防音」と「遮音」の違いって何?

防音賃貸マンション ラシクラス:ホームセンターで見かける「防音シート」や「遮音シート」ってどうなの?

まず「遮音」ですが、遮音とは「音が外にもれるのを防ぐ」「外からの音が室内に入るのを防ぐ」ことです。例えばマンション内で楽器を演奏する場合、遮音対策をすると音が一方通行で外へ進まないよう室内に跳ね返して音漏れを防ぎます。

しかし跳ね返すだけでは、室内に音がやまびこのように響き渡ってしまいます。そこで「吸音」をする必要が出てきます。

代表的な吸音材としてグラスウール(ガラスの細かい繊維)があります。グラスウールは繊維系断熱材で、グラスウール内に入った音は内部でガラス繊維や空気を振動させて「音エネルギー」を「熱エネルギー」に変化させてくれます。このため音、特に高音域に高い吸音効果が期待できるのです。

遮音だけでは音が反響してしまいますし、吸音だけでは音が外に漏れます。どちらかだけでは騒音対策として効果が期待できないのです。この「遮音」と「吸音」を併せ持つのが「防音」です。騒音対策をしたいと考えた時、私たちが求めるのは「防音」だということになりますね。

「防音シート」や「遮音シート」の効果は・・・?

まず期待する効果を得ようと思うと、金属粉入りなどの分厚いものを選ばなくてはいけません。手軽に買える0.3mmなどの薄いものでは、頑張って取り付けてもほとんど効果を感じられないでしょう。また鉛入りのシートは効果が高いと評判ですが健康面での不安も残りますから慎重に選びたいところです。

さらに商品によってはシートの上にさらに別で吸音材を取り付ける必要があるので注意が必要です。吸音材は厚みがあるのでその分部屋が狭くなり圧迫感を感じるかもしれません。

どれくらい手間やコストがかかるの?

防音シートは厚みだけでも0.5mmや1.0mmなどかなりの種類がありますが、一定の効果を期待しようと思うと厚みは1.5mmくらいは欲しいところです。ホームセンターには5000円くらいの商品も多いですが、厚み1.5mm以上となると2万円前後となることもあります。またシートを壁に打ち付けるためのタッカー(大きなホチキスのような器具)が必要でこれも3000円前後します。

さらに自分で貼り付ける手間もあります。壁から壁に貼り付けるので1人ではまず無理ですから複数人で取り組む必要がありますね。シートは効果が高いものほど金属を含んでいて重さがあるので女性では難しいかもしれません。天井は脚立を使うのでケガにも注意が必要です。

そしてなによりシワひとつない綺麗な仕上がりにするのは素人には至難の業と言えます。

手間をかけずに防音対策したいなら

安いものでは効果が期待できないし、効果が一定以上期待できるものは値段が高い。人手も必要、綺麗に仕上げるにはコツがいる…。「手軽」「安い」というイメージがあるD.I.Y.(日曜大工)ですが、意外と費用もかかりますしなによりかなりの手間ですよね。挑戦してみたものの結局業者に頼んだ、なんてことになったらそれこそ二重で手間もコストもかかってしまいます。

手間をかけずにしっかりと防音対策したいならば、最初から防音対策がしてある「防音対策マンション」に入居するのが一番ラクで確実です!ラシクラスでは様々な防音対策を施した賃貸マンションをご用意しております。モデルルーム見学も大歓迎!プロの手による防音効果をぜひ体感してみてください。

お気軽にお問い合わせください。
TEL:03-5922-5733