気持ちよくトランペットを吹ける練習場所が欲しい!

大人になってからチャレンジする人も多いトランペット。迫力ある明るい音色と持ち運べる手軽さで人気ですね。しかし練習できる場所を確保するのが意外と大変な楽器でもあります。トランペットを始める際に気をつけたいポイントを考えてみましょう。
防音について :気持ちよくトランペットを吹ける練習場所が欲しい!

最近は大人になってから楽器を習い始める人も多いですね。そのなかでも、トランペットはメジャーな楽器なのもあり人気が高いです。ジャズやビッグバンドの演奏などを見ていると本当にかっこよく「あんな風に演奏できたら」と憧れるのも分かる気がします。

楽器の上達には毎日の練習が欠かせませんが、トランペットを練習する場所探しは意外と難しいです。音がキーンと尖っているので、なかには不快感を持つ人もいるでしょう。周囲に迷惑をかけないように、場所選びは慎重に行う必要があります。

トランペットの音の大きさレベルは?

トランペットと言えばあの大きく迫力ある音が印象的ですが、初心者だと音を安定させることがかなり難しく、騒音と感じるくらいうるさくなります。

音の大きさを表すデシベル(dB)でいえば、トランペットなど金管楽器は約100デシベルです。100デシベルがどれくらいの音かというと、音がうるさい場所として有名なパチンコ屋の店内が90デシベルですから、トランペットがいかに音の威力が大きいのか分かりますね。

音が騒音として認識されるのが日中だと60デシベル、夜間なら45デシベルです。ホテルの廊下が60デシベル、図書館の中が40デシベルなので想像より厳しい印象がありますね。これ以上になると「生活の範囲内」として受け入れられなくなり「騒音」となります。

初心者はマウスピースや指使いの練習から

トランペットはきれいな音を出せるかどうかの前に「音を出す」こと自体が難しい楽器です。ピアノやオルガンなど鍵盤楽器は、鍵盤を押すことで赤ちゃんや動物でも音を出せます。しかしトランペットを代表とする金管楽器は、コツを掴まないとなかなかその「音」が出ないのです。

初心者は初めからトランペットを吹くのではなく、まずはマウスピースだけで練習しましょう。安定した音を出すためには口周りの筋肉を鍛えることが重要です。マウスピースを吹くだけなら騒音を出す心配もないので、自宅で心置きなく練習できますよ。

慣れてきたらトランペット本体で音を出すことにチャレンジ!マウスピースだけとは感覚が違いますが、口周りの筋肉が鍛えられていればほどなく音を出せるようになるでしょう。

また、指使いも重要です。右手は音程を変えるためのピストンを押す動作が多くあるので、主に左手で楽器を支えます。それでも両手とも指を動かしますから、ギュッと力んで握っていてはスムーズな動きが出来ません。力を抜いて自然な手の位置を心がけつつ支えることを意識すると、指もなめらかに動きやすくなります。

ミュートを使って静かに練習

ミュートとは弱音器のことで、楽器の音を弱めるために取り付ける器具を指します。ミュートを使う目的は「(楽譜に指示があるなど)音楽的表現として必要な場合」と「練習の音が周囲の迷惑となることを防ぐため」の2つがあります。

練習場所に困る人にとって、防音効果という意味でミュートは心強い味方です。しかしやはりミュートが無いのと有るのでは音の出方に違いが出てしまうので、音楽的表現でというわけでないなら使わないほうが良いでしょう。ただしそれは「ミュートを使う練習は意味が無い」という意味ではありません。使わないで済むなら使わないほうが良いですが、使っていても練習にはなります。音楽の練習は毎日の積み重ねが大事です。「ミュート無しで週1回思い切り練習」と「ミュート有りで毎日練習」なら、やはり後者のほうが上達は早いでしょう。

ラシクラスは普通に演奏できる環境です

上述したように、トランペットはその音の大きさから意外と練習場所が限られます。河川敷など屋外で練習するのは音も姿もかなり目立つので、初心者にはハードルが高いでしょう。また、毎回スタジオを借りるのも費用がかさみますから、騒音問題さえクリア出来ればぜひとも自宅で練習したいところです。

「防音賃貸マンションのラシクラス」ならば自分で防音設備を設置する必要はありません。初めから様々な防音対策が施してあるので、入居したその日から普通にトランペットを吹くことが出来ます。

また外に音が漏れないということは、外からの音もシャットアウトしてくれるということ。余分な音に惑わされず演奏に集中できるというのは、真剣に楽器を上達させたい、音を楽しみたい人にとって大きなメリットですね。

ラシクラスは、優れた防音対策と快適な設備で音楽を楽しむ人々を応援します!

お気軽にお問い合わせください。
TEL:03-5922-5733