隣の音が気にならない!住み心地を追求した防音設備マンションの構造とは?

同じような外観、同じような家賃でも、マンションは物件によって防音性も構造も全く違います。防音設備は住んでから工夫しようとしても限界がありますので、物件選びの段階で防音設備がすぐれたマンションを見極めることが大切です。
防音について

:隣の音が気にならない!住み心地を追求した防音設備マンションの構造とは?

住み心地の良さはどんなところで感じますか?広さや新しさも大事ですが、「静かな環境」というのも物件を選ぶ上で大事なポイントですよね。自宅は一番リラックスできる場所でなくてはならないのに隣の生活音が常に聞こえていては、リラックスどころでなくストレスがたまる一方です。構造段階からマンションの防音について考えてみましょう。

造り別の防音構造

建物の構造としては次のものがあります。

  • 「RCコンクリート造」
  • 「ALC造(気泡コンクリート)」
  • 「鉄骨造」
  • 「木造」
  • 「RCコンクリート造」
    RC造とは「鉄筋コンクリート構造(Reinforced Concrete Construction)」のことです。鉄筋とコンクリートを組み合わせて強度を高めるバランスの良い構造設計と言えます。
    音は振動で伝わるものですが、コンクリートのように重いものはこの振動が伝わりにくいので建物の中では比較的音漏れしにくいです。
  • 「鉄骨ALC造」
    ALCとは「軽量気泡コンクリート(Autoclaved Lightweight Concrete)」のことです。
    字のごとく骨組みは鉄骨ですが、中身は気泡を含むコンクリートパネルをはめこんでいます。鉄骨なので建物の強度はありますが、面である部分がパネルなので遮音性は鉄筋より劣ります。
    ALCパネルは気泡を含む分軽いので、高層マンションや地盤沈下が起こりやすい地域など、重量を軽減したい物件の壁に採用されることが多いです。
  • 「鉄骨造」
    3階建て前後の小さなアパートに多い構造です。
    木材に比べて強度は増しますが、防音性や耐震性は木造と大差ありません。構造上、反響音が大きくなる傾向があるので、木造よりも防音性が劣る場合もあります。
  • 「木造」
    昔から日本で愛され続けている「木造」。吸湿性・断熱性など、日本の気候に合った材質でコンクリート造が増え続けている今も根強い人気があります。
    しかし木は楽器にも使われる材質ということからも分かるように、「音が伝わりやすい」という特性があります。こだわりの一軒家で設計から発注するなら木造でも防音性の高い住宅を造れますが、大多数が最低限の建築基準を守るに留まる賃貸物件では防音性はほぼ期待できないでしょう。

上下の音が意外と気になる?

騒音というと、「壁に耳を当てると話し声が聞こえる」というように左右の部屋から聞こえるものをいうイメージがあるかもしれませんが、意外と上下階からの騒音問題の方が多いです。

左右から聞こえる音は楽器と話し声がメインですが、上下では「物音」が響きます。スプーンを落とした音、椅子を引きずった音、パタパタとした足音、扉をバタン!と閉めた音など、物音は様々な種類があります。一人暮らしなら話し声をゼロにすることも可能ですが、これら物音を出さずに人間が生活するというのはまず不可能です。そのため左右よりも床衝撃音が伝わる上下のほうが騒音を感じやすいのです。

またピアノなど楽器の音による騒音で管理会社に相談をするのは、音を出している部屋の、ひとつ下の住人というパターンが多いようです。

防音を重視するならこんな物件に注意

マンションを選ぶ最優先項目が「防音」という人も多いですよね。「音楽を思い切り楽しみたい」「在宅で仕事をするので静かな環境を求めている」「小さな子どもがいるから騒音問題でストレスを抱えない為に」など、防音したい目的は様々ですがニーズは年々高まっているようです。

しかし「防音を重視して選んだのに騒音問題に悩まされてしまう」という事態が起こりやすいマンションがあります。それは「楽器可」物件です。

部屋探しの際、不動産サイトの検索ワードで「楽器可」「楽器相談可」というのを見たことがあるかと思います。これを見て「楽器を弾く許可が出るくらいだからかなりの防音効果があるマンションなんだろう」と思うのは早合点です。
確かになかにはしっかりとした防音室を完備した賃貸マンションもありますが、数としてはかなりの少数派です。ほとんどの「楽器可」物件には防音室までの設備はありません。防音室付きなら募集要項にしっかりと「防音室」と明記するでしょう。

「楽器可」で気を付けないといけない物件

  • 二重サッシなど「一部分だけの設備」がある物件
  • 「ピアノの重量に耐えられる床である」という貸主側の事情で、防音とは全く関係ない物件
  • そもそも一般のマンションと防音対策に違いがないのに、空室にしないが為に「楽器可」にしている物件

引越してから「こんなはずでは」となっても、また引越しするには手間も費用も掛かります。防音をアピールしている物件でも、実際どれくらいの防音設備があるのかをしっかり調べることが大切です。

ラシクラスなら上下左右、外部からの音も全て対応!

ラシクラスでご紹介するのはただの「楽器可」物件ではありません!ラシクラスは「防音賃貸マンション」だけを専門でご紹介しています。

例えば、居室の床・壁・天井は7層からなる「複合防音下地構造」、ドアは二重の「防音扉」、窓は防音対策が施された「防音サッシ」、さらに給排気ダクトも防音仕様です。

この防音仕様で左右の部屋にはマイナス80デシベル、上下の部屋にはマイナス77デシベルを実現!自分の出す音を外に漏れさせないのはもちろん、外からの騒音も遮ってくれるので音に悩まされることもありません。

ラシクラスでは賃貸マンションでは珍しいモデルルームをご用意しています。楽器の持ち込みもOK。ぜひご自分の目で、耳で、ラシクラスの防音効果を実感してください。

お気軽にお問い合わせください。
TEL:03-5922-5733