02
歌をもっと楽しむ、
もっと自分のものにする
最適な教室ラシクラス
Profile
布施巴奈子さん
HANAKO FUSE
布施巴奈子さん、東武線沿線の上板橋駅からほど近い場所に、ボイストレーニングスクール『Kボイススタジオ』(国立音楽大学附属中学高等学校認定音楽教室)を開いています。ラシクラスという防音物件の教室で、歌うことの楽しさを伝えたいという思いと、これまでの道のりを聞きました。
:ラシクラス入居者インタビュー:布施巴奈子さん

ピアノに触れて、声楽との出会い

:ラシクラス入居者インタビュー:布施巴奈子さん

初めて音楽に触れたのは三歳の時。両親にピアノを買ってもらったことがはじまりです。
そのころは、一家が音楽に縁がなくても、習い事でピアノを買ってもらう家はよくありました。私のパターンは、音楽にあこがれがあったけれど、そっち方向に進めなかった私の母親が、〝娘には小さいころから音楽をやらせたい〟という気持ちからでした。

ピアノになじんでいたこともあって、中学から国立音楽大学の附属に入って、音楽を本格的に勉強するようになりました。専攻は、ピアノです。
だからと言って、そんなに音楽の道にすすむことを強く意識していたわけじゃないんです。むしろ「楽しそうかも」なんていう気持ちで。音楽で身を立てていこう! なんて強い気持ちは、・・・なかったんです。
学校は、自由で伸び伸びした環境だったんですが、その代わり、自分で考えて行動に責任を持ちましょうという校風がありました。クラスメイトもみんな、目標をはっきり持って自分の考えを持っていました。自分もそんな中でいろいろ考えてはいましたけど、まだまだ、将来に何をしたいかは、はっきりしてなかったです。
そんな中で、将来に繋がる歌との出会いがありました。高校三年生の授業に「副科声楽」という必修の科目があったんです。
それは声楽の入り口のような授業だったんですけれども、その時の先生がとても楽しく教えてくださる方で、「歌って楽しいな。」って思えたんです。その授業と先生のおかげで、自分で声を出す気持ちよさを実感できました。
大学に進学することになって、ピアノではなく声楽の専攻を選びました。ピアノに対する気持ちより歌への興味の方が上回っていて、ピアノでの将来はイメージできませんでした。それに、声は限界がありますよね。歌や声は自分が楽器。自分の喉をケアしながら無理をせず練習するのが“鉄則”です。もともと歌は聴くのも歌うのも好きだったので、きっと歌だったら練習も楽しいんだろうなって、もしかしたら可能性がまだまだ広がるかも!そんな感じでしたね。

:ラシクラス入居者インタビュー:布施巴奈子さん

突然気づいた、J-POPの憧れ

そうして大学で、いざ「声楽科」に入ってみたら、こんな気持ちがすぐに沸いてきました。

〝わたしがやりたかったジャンルはこれじゃない〟
声楽は基本的に、クラシックの歌い方です。それは音楽の基礎になるものなので決して良くないというわけじゃないんですけど、その時それ以上に、歌い方も表現方法も違う、J-POPの世界に惹かれちゃったんです。
大学一年の夏には、こっちのほうをやりたい! そんな気持ちが生まれていました。
J-POP全盛期と言われる時代で青春ソングはSPEEDさんや浜崎あゆみさんです。CDもたくさん売れていた時代です。
そうはいってもJ-POPが好きなのに、その頃カラオケにいってそんな人たちの曲を歌うと、どうしてもクラシック育ちのきれいな歌い方が出てしまうっていう悲しい感じもありつつなんですけど・・・。

:ラシクラス入居者インタビュー:布施巴奈子さん

ポップスの方が楽しいって気づいてしまったら、いてもたってもいられなくなって、早速あるオーディションを受けました。ラッキーなことに合格して、ユニット活動に参加できることになりました。歌ってダンスもする、ダンスボーカルユニット。なんとアイドルです。男性1人、女性3人のグループ構成でした。
この業界ならではの考え方やプロの方達との出会いはすごく新鮮でした。
課外で別の音楽活動をしているようなことは、バンド活動なんかも含めてほとんど聞きません。ましてや、今のようなアイドル戦国時代とか言われるような時期はまだまだ先。AKBだってまだ秋葉原で細々と活動していたような頃です。クラシックを学びながらアイドル活動、そんなことをしていたのは私だけだったと思います。
ダンスもはじめてだったし、大学で声楽と両立しながら、ユニットではJ-POPの歌唱でパフォーマンスをするっていうのはけっこう大変でした。個人的にPOPSの先生を探してヴォーカルレッスンを受けたりしていました。その方はキーボード、弾き語り、コーラスまでされる第一線のミュージシャンで型にはまらない指導をしてくれました。今考えると教える仕事にずいぶんと役立っています。
ユニットの主な活動は毎週末のライブと、週一回1時間のインターネットラジオ放送。平日はレッスンです。そういう中でMCとかパフォーマンスをやって、コミュニケーション能力も身についたかもしれません。
でもユニットは、メンバーの入れ替わりが激しくて、新しいメンバーが入るたびに初期からのメンバーは教育係になって、全部イチから作り直しになってきます。ある時期から、なかなか前に進めなくなりました。そんなこともあって、三年でユニットを脱退しました。頑張ってきて、もうじきCDも発売できそうというところだったんですけど・・・。

:ラシクラス入居者インタビュー:布施巴奈子さん

アイドル卒業、でも歌は捨てない

そうして、ユニットは卒業したんですけど、大学も卒業の時期になってしまっていました。就職活動はしていません。それでもまだ、ライブとかパフォーマンスに魅力を感じていたので、卒業後もしばらくはフリーターをしながら、ピアノ弾き語りのソロライブを中心に活動を続けていました。
そんな活動を一年半ぐらい続けたんですが、きちんと就職をして、社会の中に入っていきたいという気持ちも強く、音楽活動を続けながら就職できる先を探しました。マスコミも楽しいだろうなという気持ちもあったんですけど、最終的にその口が見つかったのは、音楽とはまったく関係のない、不動産会社でした。

私の頃は学校にパソコンの授業もなくて、パソコンスキルもほとんどなかったので、就職先が限られてしまいそうだったんですけど、その会社は、そういったことを身につけていなくても大丈夫とおっしゃっていただいた上に、いろいろな条件やタイミングも良かったので、まったくわからない世界でしたけれど、飛び込むことにしました。
音楽活動も続けることができました。
面接のときに「音楽活動をしていきたいんですけど・・・」恐る恐る言ってみたら、
「全然いいよ!」と言っていただいて・・・。
そう言っていただいたから早速、というのもなんですけど、入社二日目に音楽の仕事が入っていたので、ご相談したら、
「それなら、休んでも全然いいよ」って。
それは、ある生放送の音楽番組にバックコラースで参加するもので、すごくやりたかったので、申し訳ないと思いつつも、すごく嬉しかったです。

:ラシクラス入居者インタビュー:布施巴奈子さん
:ラシクラス入居者インタビュー:布施巴奈子さん

良い上司や先輩方に囲まれながら、不動産会社の正社員として、いろいろな知識を身につけました。ライブ活動などは、仕事の合間に有休をとって続けました。
この頃は、音楽活動は趣味で続けながら、そのうち結婚して家庭をもって、・・・そんな風に考えていました。
経済的に余裕がでてくると、音楽活動に欲が出てきて、趣味でいいので、作曲を学びたいと思うようになりました。仕事の後に音楽のスクールに通って、DTM(デスクトップミュージック:キーボードなどの打ち込みの作曲)の勉強をしました。
そうしていると、スクール側から、ある誘いを受けたんです。

「今度新しい校舎ができるのだけれど、新しい講師になって歌を教えない?」
いままでもいろいろなところに飛び込んでやってきた勢いもあって、
「やりたいです」とすぐに返事しました。

アイドルユニットだった頃に身につけたMCのスキルとか、コミュニケーション力を評価していただいたのかもと思うんですけど。
それで、五年間お世話になった不動産会社を円満退社して、ボーカルコースの講師として新しい生活をスタートしました。
肩書はボイストレーナー。
いろんな道を通ってきましたけど、ここでやっと、この肩書を名乗ることになったんです。

:ラシクラス入居者インタビュー:布施巴奈子さん

そして自分の教室へ

:ラシクラス入居者インタビュー:布施巴奈子さん

講師としてやっていくと、今までの音楽活動で得てきたスキルだけじゃなくて、不動産業で得てきた能力も役に立つことが分かりました。
レッスンは基本的にマンツーマンの個人レッスンです。レッスンを受ける生徒さんの年齢も境遇も様々です。不動産業界で様々なお客様に接していて、時にはクレームも受けたりすることもありました。そういう社会での経験が、講師としてやっていくときに、とても役に立ったんです。
おかげさまで受け持ちの生徒さんは増えていって、多い時には60名、それぞれマンツーマンで1時間ほど、相手のタイプに合わせたレッスンなので、カリキュラムはありません。忙しい日々を過ごしていました。

そうやっていくうちに、教えていくことへの自信もついてきて、独立を考えるようになり、自分の教室を開くための物件を探すようになりました。不動産の知識を身につけていたおかげで、良い物件の条件はすぐにわかるようになっていましたし・・・。
最初にいいなと思ったのは、実はラシクラスではない別の防音物件だったのですが、築十年のその建物の中に、もう別のボイストレーナーの方が教室を開いていたんです。競合するのはお互いに良いことではないので、別の場所を探しました。そうして、今教室を開いているラシクラスを見つけたんです。

これはいい物件だ! すぐにわかりました。なにしろ不動産業界にいたので・・・。
新築だし、周りの環境も、日当たりも、全部完璧でした。普通、物件探しというのは、どこかでなにか妥協しないと決められないものなのですが、この物件は妥協しなくてはいけないようなところは何もなくて、本当に申し分がなかったんです。
駅から近いので、生徒さんにとってもすごく通いやすいというのも大きなポイントです。 ここで、まごまごしていたら、別の人が契約してしまうかもしれない。物件との巡り合わせはタイミングなんです。チャンスだと思ってすぐに契約を決めました。

:ラシクラス入居者インタビュー:布施巴奈子さん
:ラシクラス入居者インタビュー:布施巴奈子さん :ラシクラス入居者インタビュー:布施巴奈子さん :ラシクラス入居者インタビュー:布施巴奈子さん

そうして2016年の7月に、ここで教室を開きました。
生活や寝泊りするのは別の部屋なので、ここへは通っています。この部屋は教室として使っていますが、ボーカルスタジオとして素晴らしいです。
生徒さんは、以前のスクールの時とはまた違う層の人たちが来てくれるようになりました。
以前では、ミュージシャンを目指して上京してきた人たちや、その卵で、とにかく歌が好きで歌いたいという生徒さんが多かったんですが、今は東武線沿線の街の中なので、お年を召した方や主婦の方、会社員の方までが、カラオケとか忘年会、結婚式の余興なんかでもっと上手に歌いたいからと、恐る恐るいらしてくれたり・・・。中には歌が苦手で、私なんか歌っていいのかしら、そんなふうに思っている方もいます。そんな時は、もっと気軽に来てもらっていいんですよと、気持ちをほぐすように話をします。

スーパーの買い物ついでくらいの気持ちで、お茶飲み話をする感覚でいらっしゃる方もいたりして・・・、でもそれがいいと思うんです。街の教室の良さなんです。
歌にコンプレックスを抱えている方は、ほかの誰にも練習している歌を聞かれたくないので、音の漏れがまったくないこのラシクラスはとてもいい環境です。
もっと気軽に、歌うこととか、大きな声をだすことを楽しいと思って欲しいんです。そういうことで暮らしだって少し豊かになるだろうし。敷居は高くなくていいんです。ごく普通の方たちに来てもらえる教室でありたいです。
もちろん、プロを目指すために歌をもっとうまく歌いたいといいう人にも向けたレッスンやボイスサンプルの作成もしています。そういう生徒さんには歌い方だけではなく生活態度などにも厳しいことを言う時もあります。 アイドル、歌手や声優のオーディションにしても近頃はずっと増えているし、それに向けた指導もマンツーマンで行っています。
それから、母校の認定音楽教室にもなっているので、未来の音楽家達を育てる役割も果たしていきたいです。 私のように、音楽関係者が身内にいるわけでもないけれど学校に興味がある子だっていると思うので。また、進路や専攻など色々な選択肢があることも伝えてあげたいと思います。
今後はボイススタジオとしての幅をもっと広げていきたいですし、今まで以上に音楽を通して多くの方と出会いたいです。
ラシクラスで・・・このKボイススタジオ出身のアーティストが世の中に出ていくのを楽しみに指導をしていきたいですね。

インタビュー・テキスト:大和田悟史 撮影:高橋 将和、古田 智紀

お気軽にお問い合わせください。
TEL:03-5922-5733